ポケットwifiは端末の寿命にだけ注意!

7月 1, 2016 |

5年前にiPadを買ったとき、「3G+wifiモデルじゃなくて、3Gモデルにして、ポケットwifiを買ったほうがいいですよ」と薦められたのがきっかけでした。
店員さんいわく、ポケットwifiなら最大5台繋げるし、ゲーム機も出先で通信できるようになると。
私はDSやvitaなどの携帯ゲーム機が好きなので、そのオススメにつられて契約しました。

iPadと一緒に契約することで、多少割引してもらったと思います。
料金は、最初の1年は3000円台、その後は4000円台でした。
あまりインターネット回線には詳しくないので、そんなものなのかな、という印象でした。

それからしばらく、iPadやゲーム機で利用しました。
便利なところは、なんといっても持ち運びができるところ。
外でノートPCを使うときも便利だし、母が入院して退屈していた時にiPadごと貸してあげたら、病室でインターネットができると喜んでいました。

不便なのは、端末の電池の持ちがあまり良くなかったため、出先では最大でも2時間ほどしか繋げなかったこと。
また、充電を繰り返す度にどんどん持ちが悪くなって、とうとう繋いでいないと使えない(持ち歩き出来ない)ようになってしまったこと。
そして、通信の速度が遅かったことです。
youtubeで動画を見たりしていると端末の電池パックのところがどんどん熱くなってきて、壊れてしまうのではと不安でした。

自宅に引く光回線などと同じように使えると思っていたのですが、端末の寿命が来るということを考えられていなかったです。
端末の電池の寿命が減って外で使えなくなると、一番の売りである「携帯性」がなくなってしまうので、もう端末を買い換えたりしないといけないなと思っています。
それでも、出先でゲーム機がネットに繋げるのはとても便利なので、しばらくポケットwifiは使うと思います。
建物の中でも外でも、電波が入りづらいことはなかったので、そのあたりは評価できると思います。

Posted in: Uncategorized | Tags:

Comments are closed.